不動産お問い合わせ方法

  • 賃貸
  • 売る場合
  • 買う場合

賃貸物件のお問い合わせの流れ

  • 物件の情報収集
  • 物件の見学
  • 入居申込
  • 入居審査
  • 賃貸借契約
  • 入居
入居したい時期、住みたい地域、住宅の種類、広さや間取りなど、いつ頃、どんな住まいに住みたいのかを整理します。そして、希望の住まいを借りるためのおおむねの相場を調べ、毎月支払うことのできる賃料、管理費(共益費)などを確認し、予算の目安を立てます。
インターネット検索や、不動産情報誌などから物件情報を集め、希望条件に合う物件を探します。希望エリアの情報を多く扱っていそうな不動産会社、希望の物件がある場合はその物件を取り扱っている不動産会社を訪問しましょう。不動産会社に自分の希望条件を伝えて物件を紹介してもらいます。
気に入った物件が見つかったら、実際に物件を見学します。希望の物件が見つかるまで物件見学を繰り返し、希望の住まいを探すことになります。借りたい物件が見つかったら、貸主へ入居の申し込みをします。申し込みは、一般的に書面で行います。
物件や契約条件を確認し、必要な書類や費用などの準備が整ったら、貸主と賃貸借契約を結び、鍵の受け渡しなどが行われます。鍵を受け取ったら、家財の搬入前に室内を点検して、現況を確認します。
※入居後に、設備の故障や不具合などが見つかった場合は、管理会社または貸主に適宜連絡をします。また、契約期間が終了する一定期間前には、契約を更新するか、あるいは退去するかの選択をします。契約書の定めに従って、更新手続きまたは退去、明け渡し手続きを行います。

ページの先頭へ

コンサルティング(買う場合)

コンサルティング(買う場合)
住みたい地域、住宅の種類、広さや間取り、入居したい時期などの希望条件を整理しておきましょう。
希望の住まいのおおむねの相場を調べ、預貯金の額や住宅ローンの借入可能額などを確認して、予算の目安を立ててみましょう。
コンサルティング(買う場合)
仲介物件を買うには、信頼できる不動産会社との出会いが大切です。不動産会社の特徴を調べて、住まい探しを依頼する不動産会社を選びます。
コンサルティング(買う場合)
選んだ不動産会社に希望条件を伝え、それに合った物件を紹介してもらいます。その他、自分でインターネット検索や不動産広告などから物件情報を集めることもできます。
気に入った物件が見つかったら、実際にモデルルームや現地を見学します。購入したい物件が見つかったら、再度、物件の周辺環境や間取り、設備、購入条件などを確認します。
コンサルティング(買う場合)
弊社へ売買の仲介を正式に依頼する場合は、媒介契約を結びます。この契約には、対象となる物件や、仲介業務のサービス内容、弊社の仲介手数料などが記載されます。
媒介契約の締結は、一般的に住まいを探す段階から、購入の申し込みをするまでの間です。
コンサルティング(買う場合)
物件探しと並行して、資金計画を具体化させていきましょう。物件の購入資金以外に必要となる諸経費や、住宅ローンの金利、毎月の返済額などについても試算しておきます。
購入したい物件と希望条件を決めたら、不動産会社を通して売り主へ購入の申し込みをします。申し込みは、書面で行うのが一般的で
す。
コンサルティング(買う場合)
購入物件に関する重要事項の説明を受けた後、重要事項説明の内容を確認して納得できたら、売り主と売買契約を結びます。このとき、一般的には物件価格の10~20%程度の手付金(契約金)を支払います。売買契約を結ぶに当たっては、しっかりと契約内容を確認しましょう。
コンサルティング(買う場合)
売買契約を結んだら、住宅ローンの正式な契約を結びます。
その後、引き渡しとなり、準備が整ったら、残りの代金を支払います。それと同時に、売り主から物件の引き渡しを受けて、不動産の登記手続きを行います。その後、引っ越しをして入居となります。

ページの先頭へ

コンサルティング(売る場合)

コンサルティング(売る場合)
売却すると決めたら、いくら程度で売れそうかの目安を立てます。まずは、物件の周辺相場を知ることから始めるとよいでしょう。
コンサルティング(売る場合)
物件価格の査定を依頼するところから、不動産会社との付き合いが始まります。売却する住まいの価格を、不動産会社にプロの目で査定してもらいます。物件価格について多くの意見を聞くために、複数社に査定を依頼してみるのもよいでしょう。
コンサルティング(売る場合)
弊社へ売買の仲介を正式に依頼する場合は、媒介契約を結びます。主な媒介契約の形態は3つありますが、自分の希望する売却方法などを踏まえて、どの契約を結ぶか決定しましょう。
売り出し価格は、その後の売却活動に大きく影響します。自分の希望売却価格だけではなく、不動産会社の査定価格や周辺の売却事例、市場の動向を踏まえて、慎重に決めましょう。
コンサルティング(売る場合)
購入希望者が現れたら、売却条件を交渉します。もちろん価格の条件は最も重要ですが、その他の条件についても、譲れる点と譲れない点を明確にして、交渉を進めましょう。
売買契約を結ぶ前に、物件に関する情報をできるだけ正確に購入希望者へ提供しましょう。特に、契約締結後のトラブルを防止するためには、物件の不具合や欠陥など(契約では「瑕疵(かし)」といいます)を誠実に購入希望者に伝えることが大切です。また、不動産会社が仲介する場合は、「重要事項説明」という制度に基づく詳細な物件説明を行いますので、不動産会社の物件調査に協力しましょう。
コンサルティング(売る場合)
売買条件を合意したら、買い主と売買契約を結びます。このとき、一般的には物件価格の10~20%程度の手付金(契約金)を受け取ることになります。 売買契約を結ぶに当たっては、しっかりと契約内容を確認しましょう。
コンサルティング(売る場合)
引き渡し手続きでは、売買代金を受領するのと同時に、登記申請(抵当権抹消、所有権の移転等)を行います。細かな設備・備品等の取り扱いなどについても、買い主と現地立ち会いを行った上で十分に確認をしましょう。また、引き渡した後の税務申告などの手続きも漏れのないよう気をつけましょう。

ページの先頭へ

  • 不動産コンサルティング
  • お問い合わせの流れ
【お問い合わせご質問はお気軽にどうぞ】
  • 岩沼市内賃貸
  • 事業用賃貸
  • 一般用売買物件
  • 事業用売買物件

ページの先頭へ

不動産ハウ・ツー
引越しいろいろ便利帳
風水で占う今週の運勢

information

有限会社
庄司コーポレーション
〒989-2432
宮城県岩沼市中央一丁目2番19号 コマビル 1F
岩沼市の不動産、アパートなど賃貸物件ならご相談下さい!
不動産のマエストロ、弊社の庄司が誠心誠意お手伝いします!
0223-24-1590
不動産